有頂天家族(1期)アニメ動画を無料フル視聴!KissAnimeやAniTube・B9もリサーチ

©森見登美彦・幻冬舎/「有頂天家族」製作委員会

\アニメ「有頂天家族(1期)」の無料配信はこちら!/

動画配信サービス 配信状況 無料期間
見放題
31日間無料+600ポイント
今すぐ「有頂天家族(1期)」を見る

 

この記事では『有頂天家族(1期)』を無料で安全に見られるアニメ動画配信サービスの情報をまとめてあります。

 

高画質&高音質で邪魔な広告が一切ない「有頂天家族(1期)」の動画を全話見たい人は是非下記の手順で無料動画を視聴してみてください。

 

話数 全13話
放送 2013年夏アニメ
アニメーション制作 P.A.WORKS
公式サイト 公式サイト
Wikipedia ウィキペディア

 

下鴨神社・糺ノ森に暮らす下鴨家。狸界の頭領であった父・総一郎は、ある日何の前触れもなく狸鍋にされた。残された四兄弟の中でも偉大な父の「阿呆の血」を色濃く継いだ三男・矢三郎は「面白きことは良きことなり」をモットーに、兄弟や母に囲まれて暮らしていた。隠居中の大天狗・赤玉先生の世話を焼いたり、神通力を得た人間の美女・弁天に振り回されたり、はたまた宿敵・夷川家と空中決戦を繰り広げる日々の果てに、突如下鴨家を襲う絶体絶命の危機! 父が鍋にされた真相が明らかになる中、固い絆で結ばれた一家の運命はいかに!

 

有頂天家族(1期)を見るかんたん手順
  1. U-NEXTに31日間無料会員登録
  2. サイト内で「有頂天家族(1期)」のアニメ動画を無料視聴する
  3. 他の見放題動画も視聴可能&無料ポイントで電子書籍も読める!

※無料期間中に途中解約しても料金がかからないので安心安全で見ることができます※

©森見登美彦・幻冬舎/「有頂天家族」製作委員会

今すぐ「有頂天家族(1期)」の動画を見るU-NEXTを31日間無料で試してみる

※無料期間中に途中解約しても料金がかからないので安心安全で見ることができます※

有頂天家族(1期)のアニメ動画を無料で全話フル視聴できるVODサービス比較

\アニメ「有頂天家族(1期)」の見逃し無料動画配信はこちら!/

動画配信サービス 配信状況 無料期間
31日間無料
 今すぐ見る
2週間無料
 視聴不可
31日間無料
 今すぐ見る
31日間無料
 視聴不可
2週間無料
 視聴不可

※本ページの情報は2020年5月時点のものです。最新の配信状況はサイトにてご確認ください。

 

 

有頂天家族(1期)のアニメ動画を全話無料視聴するオススメの配信サービス

 

「有頂天家族(1期)」を無料で見るには動画配信サービス「U-NEXT」がオススメです。

アニメ公式サイトが推奨する公式VODサイトのためU-NEXTの無料期間を使い安心安全で視聴することができます。

 

↓+で開きます↓

なぜ『U-NEXT』がオススメなのか?
  • アニメ、アニメ映画、洋画、邦画、ドラマ、バラエティ,アダルト作品(AV,アニメ)、電子書籍などなど作品数が豊富で充実している
  • アニメ、ドラマなどの公式運営が推奨する正規のサイトのため余計な広告やウイルスなどの心配は一切なく安心安全
  • 1契約でファミリーアカウント最大4人まで作れるので家族でも使える
  • 作品ダウンロード機能があるためダウンロードをしておけばオフラインでも視聴可能
  • 簡単登録で31日間無料利用可能&600ポイントも付くため電子書籍などもポイントで読める

 

2分ほどで完了する簡単登録で31日間無料で見放題動画を見ることができます。

また無料登録期間中でも使える600ポイントで電子書籍なども楽しめるためかなりお得に利用することができます。

 

そのため数ある動画配信サービスの中でもオススメ出来るのが「U-NEXT」となります。

もちろん、無料期間中の31日以内に簡単解約すれば料金は一切発生しないので安心です。

 

上記画像の通りU-NEXTが25ヶ月連続「見放題作品数No.1」今後もラインナップの拡充に注力していく姿勢を見せています。

GEM Partners株式会社の2020年3月度の集計において、2019年5月度より25ヶ月間連続で「見放題作品数No.1」を獲得いたしました。

 

U-NEXTは大規模資本を有するグローバルサービスがひしめくなか、2019年の定額見放題サービスにおいて、国内サービスとしてシェア1位を獲得するに至りました。

 

最近ではテレビCMでも見かけるようになり最新作品のスピードもとても早く品揃えが豊富なため

老若男女幅広い人達が楽しめる動画が豊富にあるため勢いと実力は動画配信サービスの中でも最高峰です。

 

動画配信サービス 配信状況 無料期間
見放題
31日間無料+600ポイント
今すぐ「有頂天家族(1期)」を見る

 

有頂天家族(1期) 声優・キャスト(登場人物)

声優
下鴨 矢三郎 櫻井孝宏
下鴨 矢一郎 諏訪部順一
下鴨 矢二郎 吉野裕行
下鴨 矢四郎 中原麻衣
弁天 能登麻美子
赤玉先生 梅津秀行
海星 佐倉綾音
下鴨母 井上喜久子
下鴨 総一郎 石原凡
夷川 早雲 飛田展男

 

有頂天家族(1期) スタッフ・監督

原作:森見登美彦/発行:幻冬舎/監督:吉原正行/シリーズ構成:菅 正太郎/脚本:菅 正太郎、檜垣 亮/キャラクター原案:久米田康治/キャラクターデザイン・総作画監督:川面恒介/美術監督:竹田悠介、岡本春美/撮影監督:並木 智/色彩設計:井上佳津枝/3D監督:菅生和也/編集:高橋 歩/音楽:藤澤慶昌/音楽プロデューサー:斎藤 滋/音楽制作:ランティス/音響監督:明田川 仁/音響制作:マジックカプセル/アニメーションプロデューサー:堀川憲司/ラインプロデューサー:相馬紹二/アニメーション制作:P.A.WORKS/製作:「有頂天家族」製作委員会

 

有頂天家族(1期) 1話から最終回までのお話(あらすじ)

 

第1話【納涼床の女神】

京都には人間と狸と天狗が暮らしている。狸の矢三郎が、師匠である大天狗の赤玉先生を訪ねると、今日もまた赤玉先生は不機嫌であった。そんな赤玉先生は矢三郎に弁天宛ての手紙を今日中に届けるようことづける。

第2話【母と雷神様】

ビリヤードに興じるタカラヅカ風の美青年・黒服の王子。その正体は、下鴨家の母であった。母に頼まれた矢三郎は珍皇寺の井戸に、蛙となった兄・矢二郎を訪ねる。矢二郎は最近、長兄・矢一郎が訪ねてきたと語り…。

第3話【薬師坊の奥座敷】

京の夏の風物詩、五山の送り火が近づいてきた。浮かれる人間どもに調子をあわせ、狸たちもまた夏の夜空でどんちゃん騒ぎをする。そのために下鴨矢一郎が空飛ぶ納涼船の手配に奔走していたが、計画は頓挫してしまう。

第4話【大文字納涼船合戦】

矢三郎が弁天から借り受けた空飛ぶ奥座敷で五山の送り火を楽しむ納涼会が始まる。上座に座る赤玉先生、そして亡き父、総一郎に倣って矢一郎は布袋の姿に化けている。そこに大型船に乗った夷川家がやってくる。

第5話【金曜倶楽部】

7人の食通からなる“金曜倶楽部”。彼らは忘年会に狸鍋を食べることから、狸の天敵だった。矢三郎たちの父もまた、金曜倶楽部の鍋となっていた。そして、その金曜倶楽部の一員である弁天は、矢三郎を捜していた。

第6話【紅葉狩り】

金曜倶楽部を抜け出した弁天に連れられ、矢三郎と淀川教授は夜の屋上で紅葉狩りを楽しんでいた。酔って寝ていた淀川教授が目を覚まし、「食うということは愛するということだ。」という持論を矢三郎に説き始める。

第7話【銭湯の掟】

矢三郎が弁天から逃げ回っていた間、大の風呂嫌いである赤玉先生を何とか風呂に連れ出そうとして失敗した矢四郎に泣きつかれた矢三郎は、いつもの口論の挙げ句、赤玉先生を銭湯に連れて行くことになる。

第8話【父の発つ日】

金閣と銀閣に告げられた事実を確かめるため、矢一郎と矢三郎は矢二郎のいる六道珍皇寺の井戸を訪れる。2人は父・総一郎はなぜ狸鍋になったのか、矢二郎はなぜ蛙となって井戸に篭ることを選んだのかを知り…。

第9話【夷川の娘・海星】

長きにわたって対立してきた下鴨家と夷川家。狸界の頭領・偽右衛門だった下鴨総一郎の後継をめぐり、下鴨家の長男・矢一郎と夷川家の当主・早雲は、今改めて偽右衛門選挙の場で衝突しようとしていた。

第10話【夷川早雲の暗躍】

狸界の頭領・偽右衛門が決まる日が訪れ、奇しくもその日は偽右衛門だった矢三郎たちの父の命日であり、毎年狸鍋が振る舞われる金曜倶楽部の忘年会当日でもあった。朗報を待つ下鴨家に、突如暗雲が立ち込める。

第11話【捲土重来】

父・総一郎が狸鍋となった真相を知った矢三郎。しかしその時すでに張りめぐらされた陰謀により矢一郎と母は囚われの身となっており、包囲網は矢三郎にも迫っていた。矢三郎は弁天のおかげで何とか窮地を脱するが…。

第12話【偽叡山電車】

海星から家族の危機を知らされるが、なす術もない矢四郎。雨の中、1人残された矢四郎の脳裏に響くのは、金閣の言葉。意を決して駆け出した矢四郎が向かったのは、蛙となった兄・矢二郎がいる六道珍皇寺だった。

第13話【有頂天家族】

仙酔楼の座敷では金曜倶楽部による狸鍋の準備が整い、檻に入れられた狸が運ばれる。一方、別の座敷では狸の頭領・偽右衛門を決める会議が開かれ、居並ぶ狸たちを前にわなを脱した矢一郎が早雲と正面から衝突する。

 

『有頂天家族(1期)』のシリーズ/関連作品&オススメ類似作品

 

京騒戯画
サクラクエスト
銀の匙
幻影ヲ駆ケル太陽
恋旅True Tours Nanto